職域としての新たな取り組み

障がい者の職域としての農業

親会社のSCSKは情報サービス業であり、農業は縁遠い世界であり、当社も当初は、SCSK多摩オフィスの敷地内の景観としての農園の管理をしていたに過ぎませんでした。

しかし、2011年より、職域としての農業の可能性に着目し、多摩近郊の休耕農地を賃借して本格的に農業をはじめています。

一口に農業といっても、その作業は多岐にわたります。例えば、播種、育苗、定植、収穫、調整、出荷、販売 といったいくつかの段階に整理することができます。このように工程がいくつもあるということは、それぞれの工程に合せて作業を組み立てられる―すなわち各人の特性に合わせた仕事が用意できるといえます。

細かな作業が得意な人もいれば、力仕事が得意な人、人とのコミュニケーションが得意な人、決められたことを淡々とやるのが得意な人・・・色々な人がいますが、工程ごとに人を組み合わせていければ、生産性が上がるとともに、各人がイキイキとやりがいをもって仕事ができ、自立へ近づいていけるのではないかと考えています。

更に加工品の製造まで広げたり、或いはレストランとのコラボレーションや地域でのイベントをすることにより、新たな雇用や地域の活性化にも繋げることができると考えています。

とは言え、まだ始めたばかりの段階ですので、試行錯誤の連続ですし、思いがけないトラブルも多くあります。また、自然が相手になりますから、厳しい暑さや寒さの中で作業するなど、体力的にもきついこともあります。それでも毎日、いいものを作ろう! 自立の実現に向けてがんばろう! と健常者も障がい者も一緒になって畑に出て行きます。

このページの先頭へ