お花のお手入れ方法

せっかくいただいたお花だから、長く楽しみたいですね。長くお楽しみいただけるポイントをまとめました。

アレンジメント 【 アレンジメント 】
商品が届きましたら、早めにお花が挿してあるスポンジに水をあげて下さい。スポンジ部分は乾きやすいので、こまめに水をあげて下さい。また、毎日お花全体に軽く霧を吹くと良いでしょう。エアコンなどの風や直射日光があたるような場所は避けて置いてください。
花束 【 花束 】
届いた花束は、ラッピングを外し、十分に水を入れた花器に活けてください。その際に茎を数センチ水の中で切り、付属の延命剤を水に入れてください。こまめに水替えをしていただくと、お花が長持ちします。エアコンなどの風や直射日光があたるような場所は避けてください。
花鉢 【 花鉢 】
花鉢が届きましたら、早めに水をあげてください。水やりは、鉢土の表面が乾いたら、鉢底からしみ出すまで、たっぷりあげましょう。ただし、冬場は鉢土の表面が乾いて2~3日してから水をあげるようにします。根腐れの原因になりますので、鉢皿には水をためないようにしてください。日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。エアコンなどの風が直接あたるような場所は避けてください。直射日光の当たる場所に置くと葉焼け、水枯れの原因となりますので半日陰などで管理してください。
観葉植物 【 観葉植物 】
商品が届きましたら、早めに水をあげてください。夏場は、鉢土の表面が乾いたら、鉢底からしみ出すまでたっぷりあげます。冬場は鉢土の表面が乾いて2~3日してから水をあげるようにします。根腐れの原因になりますので、鉢皿には水をためないようにしてください。観葉植物は日当たりが良く風通しの良い場所を好みます。暗い所や、エアコンなどの風が直接あたるような場所は避けてください。直射日光の当たる場所に置くと、葉焼けや水枯れの原因となりますので半日陰などで管理してください。
プリザーブド・フラワー 【 プリザーブド・フラワー 】
非常にデリケートなお花ですので、花びらがつぶれたり、壊れたりしないよう、取り扱いには十分ご注意ください。生花ではないので、水やりの必要はありません。水がかかると色落ちします。また、色移りする場合がありますので、衣服など布地には触れさせないでください。変色の原因となりますので、直射日光の当たる場所や、湿気の多い場所は避けてください。
四葉のクローバー 【 四葉のクローバー 】
マメ科の植物で、丈夫で育てやすいのが特長です。成長が早く、どんどん伸びていきます。 夏場の高温・乾燥には弱く、寒さには強く氷点下5度くらいまで耐えることができます。また地植えも可能です。柔らかな土に植え込むと良く育ちます。プランターの場合でも、1株植えれば、どんどん株が増えていきます。
<置き場所>
日の当たる室内、屋外。
<水やり>
鉢の表面の土が乾いたら、たっぷり与えてください。
ラベンダー 【 ラベンダー 】
<置き場所>
日が当たる風通しの良い場所。
<水やり>
土の表面が乾いたら水をあげてください。乾燥に弱いので、注意しましょう。
<注意事項>
成長期の5月~7月に月2回ほど化学肥料を与えてください。
最低気温は5度くらいまで大丈夫です。
湿気にも弱いので、水をあげすぎないようにしてください。

下記お花のお手入れ方法につきましては、各PDFにて詳細をご覧下さい。

胡蝶蘭のお手入れ方法
ミディ胡蝶蘭のお手入れ方法
カーネーションのお手入れ方法
アジサイのお手入れ方法
シンビジュームのお手入れ方法
シクラメンのお手入れ方法
ミニバラのお手入れ方法
ベゴニアのお手入れ方法

このページの先頭へ